カードでお金!クレジットショッピング枠現金化業者ランキング

最終更新日:2018年11月17日

クレジットカード現金化には手数料が必要?

クレジット現金化を行う場合、多くの人が利用するクレジット現金化の専門業者。そして、その業者を利用する以上、避ける事ができないのが手数料となります。

クレジット現金化の業者も何もサービスでこのような現金化を行っているわけではありません。その為、利益を上げる必要があり、そこで手数料が必要になります。では、実際、クレジット現金化の手数料はどのようなものになっているのでしょうか。

一般的に考えられる手数料

女性

クレジット現金化を行う際に必要になると考えられる手数料は、送料・振込手数料・決済手数料・消費税となります。

まず、送料とは、実際に現金化するにあたり商品を購入する際に必要になるものとなります。その為、この送料に関しては一般的な送料の負担額になっていれば、何も問題はありません。

次に振込手数料においても、振り込む金額と銀行によって手数料は異なるものの、数百円程度と相場は決まっている為、その範囲内の手数料ならば問題ないと考えられます。

同じように決済手数料いおいては、クレジットカード決済を行う際に店舗がクレジットカード会社に支払う手数料となります。通常4~7%程度で、一般的な買い物の場合、店舗が負担するようになっていますが、クレジット現金化の場合は、利用者が負担する事が多くなっています。その為、避ける事ができない手数料の一つとなります。

最後に消費税ですが、これも、現金化にあたって購入した商品にかかる8%の消費税が手数料として利用者負担になるのが一般的になっています。

換金率と手数料の関係

電卓と虫眼鏡

クレジット現金化を行う際に利用者がもっとも注目する換金率。換金率が高ければ高いほど良いと言うことで、それを基準に業者選びを行う人も少なくありません。

しかし、それは、非常に危険な行為なのです。

クレジット現金化の業者のサイトには、換金率90%以上と記載しているところもあります。その為、初めて利用する人の中には、その数字を鵜呑みにし、その数字をもとに現金を受け取る事ができると思っている人もいるようです。しかし、それは間違った考えとなります。

実際には、換金率から送料・振込手数料・決済手数料・消費税の手数料が引かれるため、そのままの換金率の金額を手にする事など出来ません。

サイトに記載している換金率は、あくまでも手数料を差し引く前の金額なのです。業者によって異なるものの、掲載されている換金率より4つの手数料を15%から20%ほどが差し引かれた額が入金される事のなります。その点に注意しなければ、後でトラブルに発生することも十分に考えられます。

その為、換金率の高さだけに注目し業者選びを行うのではなく、実際の換金率の中に手数料が含まれているのか、含まれていないのか。を確認した上で利用すると安心です。

実際には存在しない手数料とは?

女性

悪質なクレジット現金化の業者の場合、実際には存在しない手数料の支払いを命じられる場合があります。その例としては、キャンセル料・システム手数料・審査手数料などとなります。

これだけは覚えていて欲しいのですが、実際にクレジット現金化の業者を利用する際に必要になる手数料は、送料・振込手数料・決済手数料・消費税の4つのみです。

それ以外に手数料など発生する事はありません。キャンセル料・システム手数料・審査手数料と聞くと、「必要な手数料では?」と思われるかも知れませんが、それは間違いです。

電話などで手数料について確認を求めても、もっともらしい説明を受ける事になり、結果、支払ってしまう人がいるようです。しかし、これらの手数料を必要とする業者は悪徳業者とも言えるため、絶対に利用しない事をお勧めします。

言い換えれば、これらの手数料を要求してくる業者は悪徳業者だと考え、初めから利用しないと言う決断が必要です。

手数料など確認が面倒だと感じた場合は?

クエッションマーク

少しでも早く現金を手にしたい場合、いちいち、クレジット現金化の業者に手数料の種類や内容の確認などを行う事が面倒だと感じてしまう人も多いと思います。

そんな時は、入金される金額を確認してください。実際に利用者にとって必要になる情報は入金される金額だと思います。その為、その確認だけは怠らずする事が重要です。そうすれば、実際に手数料がどれだけ引かれているかと言う事も大まかではあるものの確認する事ができると思います。

実際に入金される額が思ったよりも少ない場合は、何か不要な手数料を引かれているか、それとも、手数料の金額が大きくなっている事が考えられます。その為、入金額を比較する事で、どのクレジット現金化の業者が優良な業者なのか一目で確認する事ができるのです。

これ自体も面倒に感じる人がいるかも知れませんが、悪徳業者を利用しない為にも必要な確認事項です。また、実際に思っていた金額が入金されなければ困るのは利用者の方です。その為、必ず入金額ぐらいは確認する事をお勧めします。

まとめ

以上がクレジット現金化の手数料についてとなります。いかがでしたか。クレジット現金化を利用する人の中には、手数料が発生している事など知らなかったと言う人もいるようですが、このように手数料は必ずと言って発生しています。その為、よりお得に利用するためにも、手数料の確認は怠らずにいる事が重要になってくると言えると思います。

カードでお金!クレジットショッピング枠現金化業者ランキング| TOPへもどる↑

▼カードでお金を作るなら
和光クレジット
和光クレジット
新生堂
新生堂
カードnetキャッシュ
カードnetキャッシュ
現金化業者名などで検索できます。

換金クレジット

換金館
クレジット現金化に対する注意喚起

消費者庁
国民生活センター
日本クレジット協会

和光クレジット